笑顔の美人
微笑む女性

低用量ピルは妊娠を望まない女性が避妊をするための医薬品で世界中でも販売されている避妊薬ですが、その他にも便利な使い方があります。
低用量ピルには生理の日を調整したりホルモンバランスの悪さを調節してくれる働きがありますので、旅行や大事な行事の際の生理を他の日にずらしたりpmsや月経困難症の治療に使われることもあります。
低用量ピルは含まれている女性ホルモンの種類の違いから、いくつかの世代に分けられます。
新しく発売されたタイプは女性ホルモン特有の副作用を抑えたタイプが特に人気で、むくみにくい、ニキビができにくい、吐き気などのトラブルを起こしにくいといった特徴があります。
低用量ピルは婦人科で処方してもらうことができますので、購入を希望する方は婦人科に相談する必要があります。
日本ではドラッグストアなどで市販はされていませんので、医師の処方箋ないと購入できません。
病院を受診せずに低用量ピルを購入する方法として個人輸入を利用する方法があります。
日本の女性の多くが個人輸入を利用している背景としては価格の安さやまとめ買い可能な点もありますが、日本で販売されていない低用量ピルを購入することができるといった点も挙げられます。
世界中で販売されている低用量ピルにはユニークな特徴を持った商品があり、ニキビや皮脂の分泌を抑える働きのあるタイプや、体重の増加を抑えるタイプなどは美容に関心の高い女性たちから特に綺麗になるピルとして高い人気で、日本の女性からも注目を集めています。
低用量ピルを服用してホルモンバランスが整うことにより、毎日を快適に過ごすことができるといった口コミは非常に多く、ホルモンの調節にも重宝される医薬品として知られています。

トリキュラーが選ばれる理由

トリキュラーは毎日飲み続けることによって避妊効果を発揮してくれる低用量ピルです。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって排卵を起こりにくくしたり、受精卵を着床しにくくしたり、精子が子宮の中に入りにくくするなど様々な効果が得られます。
また計画を立てて子どもを作るにもトリキュラーは活用できます。
望まれない妊娠を避けるためにも確実な避妊をすることは大切であり、近年では若い女性の間でもコンドームだけでは確実に避妊できないと認識している人も多く、自分で自分のからだを守るために低用量ピルを使用する方が増えています。
生理不順の場合にもトリキュラーを服用することで解消されるなどの効果もあるため、避妊目的だけでなく体調を管理するためにも使用する女性がいます。
トリキュラーは他の低用量ピルと比べて副作用が少ないことでも人気となっています。
確実に避妊できるまでホルモンの量を下げるために副作用は少なく、毎月の生理通に悩まされていた方も生理通が軽くなり、苦痛がなくなるなどの効果があります。
その他にも子宮内膜症の悪化を防ぐ、骨粗しょう症を予防する、関節リウマチの予防など様々なメリットがあることもトリキュラーが選ばれる理由になっています。
また、トリキュラーは通販で購入できる低用量ピルで入手のしやすさという点でも選ばれやすいと言えます。
さらに、特に生理通が酷くて生活に支障をきたしていた女性にとっては生活レベルが改善されるため大きなメリットになります。
女性ホルモンを人工的に取り入れるため効果もありますが、食欲を増進させる、乳房の張りや胃腸障害などの可能性があるため、からだが慣れて症状が改善させるまでしばらくの期間が必要です。
確実に効果を得るためには、使用方法を正しく守って服用することが大切です。

アフターピルが望まない妊娠を防ぐ理由

低用量ピルの他にアイピルのようなアフターピルというピルもあります。
このアフターピルはコンドームが破れたり外れたり、合意ではない性交渉で妊娠してしまうのを防ぐための緊急避妊薬であり、性交渉の後にアフターピルを服用することで女性ホルモンのバランスを崩し、妊娠しないようにするのです。
妊娠は卵子と精子が受精し、子宮内膜に着床することで成立します。
アフターピルには中用量の女性ホルモンが配合されているため、服用すると血液中の女性ホルモンのバランスを変化させます。
排卵や生理はすべてこの女性ホルモンの血中濃度によって引き起こされるのですが、アフターピルには排卵前ならば排卵をストップさせ、子宮内の粘膜の粘度をあげることで精子と卵子が受精しないようにし、万が一受精してしまっていても子宮内膜に着床しないように子宮内膜を剥がして生理を引き起こすという作用を引き起こすだけの濃度の女性ホルモンが配合されているのです。
アフターピルはあくまでも妊娠をしないようにするための薬で中絶薬ではありません。
そのためアフターピルを飲むタイミングによってはすでに着床してしまっていて妊娠してしまうこともあるため、100%完璧な避妊方法だとは言えないのが実情です。
しかし、避妊に失敗してそのまま放置しておくよりも妊娠してしまう確率を低下させる効果がありますし、精神的な余裕も得ることができるでしょう。
避妊率はアフターピルを飲むタイミングによっても大きく違い、72時間以内に服用すれば避妊効果があるとされていますが、避妊に失敗してから早く飲めば飲むほど避妊の確率は上がるというデータが発表されています。
また、排卵日付近は妊娠してしまう確率が上がるため、避妊に失敗したらなるべく早くアフターピルを服用するようにしましょう。
日本では産婦人科の全てで処方されているわけではないため、事前に処方してもらえるかの確認を行ってから病院に行くと確実です。